女性

【驚愕】55本のVAに出演していた女性の末路がエグすぎる・・・

記事をまとめると

記事をまとめると
  • 関東地方に住む20代の女性は成人向けビデオ出演を強要された過去を持つ。
  • 路上で「モデルにならないか」と声をかけられたことがきっかけ
  • 事務所に行くと、モデルではなく、成人向けビデオへの出演を迫られる。。
  • 男3人に囲まれ、2時間にわたって説得された女性は契約書にサイン
  • 出演料は1回3万円
  • 撮影が嫌で何度も辞めること伝えるが、「今さら撮影は中止できない」と相手にされない
  • 出演した動画を削除するために弁護士に相談
  • 動画の配信会社に削除依頼をし、多くの会社が応じてくれたが、一部の海外サイトは連絡先が不明で今でも配信を停止していない

 

◇心の傷も撮影データも二度と消えない

「悔しい。『有名になれる』って言葉を信じてしまった」

関東地方に住む20代の女性が手にした茶色のノートには、50本以上の成人向けビデオのタイトルが並ぶ。女性は成人向けビデオ出演を強要された過去を持つ。成人向けビデオの配信会社に動画の削除を依頼するため、自身の出演作を書き出した。

出演のきっかけは5年前、東京・渋谷でのスカウトだった。路上で「モデルにならないか」と声をかけられた。女性は結婚を機に上京したばかり。モデル志望だったこともあり、スカウトの言葉に乗ってしまった。

2週間後、プロダクションの社長の面接を受けることになった。新宿の事務所に行くと、モデルではなく、成人向けビデオへの出演を迫られた。「有名になるには成人向けビデオから始めよう」「あの女優も昔は成人向けビデオをやっていた」。男3人に囲まれ、2時間にわたって説得された女性は契約書にサインした。

「洗脳されたみたいになってしまった。撮影内容が過激になってきても、出演を断ることができない心理状態だった」と女性は振り返る。撮影が嫌で家に閉じこもっても、マネジャーが迎えに来た。泣いて拒否しても、「今さら撮影は中止できない」と相手にされなかった。出演料は1回3万円ほどだった。

昨年2月ごろ、ネットのニュースで知った支援団体に駆け込んだ。弁護士を通じて動画の削除を依頼するため出演作を調べると、確認できただけで3年間で55本に上った。ほとんどの配信会社は動画の削除に応じたが、一部の海外サイトは依頼先が分からず、配信を止められないままだ。

女性は出演を悔いている。「成人向けビデオに出演したら、(心の)傷も残るし、撮影データも残る。それは二度と消えない」。女性はノートに目を落とした。【安藤いく子、加藤隆寛】

引用元:毎日新聞

 

ネットでのコメント

・55本も出ていながら言うなよ

・一回3万って企画物のその他大勢ってやつだよね
よほどのマニアでもなきゃ気が付かないと思うので勝手に風化するの待てばいい気もする

・てかスカウトじたい禁止にすればよくね
本当に才能やらある人はオーディションに受かる

てかアイドルにもいえるが、簡単になれ自称できるような職種にしてはダメだろ

・たぶん出た本数はもっと少ないんだろうけど、総集編とか作られて本数増えてるんだと思う。

・結婚を機に っておかしいやろ

・有名になりたかったのなら消えない方が良いんじゃね