エンタメ

スクワットを1000回も行った少女達、『筋肉が溶けてしまう』という異常事態に…

みなさんダイエットや筋トレの為に日々トレーニングを欠かせないって方は多くいると思います。

 

そんななか、下半身を絞る、鍛えるために「スクワット」を取り入れる人もいますよね。

 

スクワットは下半身に大きな負荷をかけますし、ダイエットにも効果があると言われています

 

僕の場合スクワットは10回もやったら非常に疲れるものなんですが、1000回も行った少女達がいるようです。

 

しかし少女達は「激しい痛み」や「尿が褐色になる」などの症状にあい、病院送りになったそうです。

 

スクワット1000回の末路

中国の重慶に住む大学2年生の少女は、友人とビデオチャットでの会話中で、運動不足の自分たちはこのままではいけないと思ったそうです。

 

そして運動不足解消のためスクワットを1000回することに。

 

1000回を行った後は体調は良くなかったですが、単なる運動後の疲労と思っていました。

 

しかし2日後、足が曲がらなくなってきて、さらには「褐色のおしっこ」が出たことにより病院に行くことを決断。

 

診察で「横紋筋融解症」という病気である可能性が指摘され大きな病院へ移送。

 

検査の結果、いくつかの数値で異常値が発見されます。

 

特に血中ミオグロビン濃度クレアチンキナーゼ濃度が異常で、いずれの成分も、骨格筋細胞が壊死・融解して筋細胞内成分が血中に溶け出す横紋筋融解症によって血中濃度が上昇するものです。

 

横紋筋融解症は、特に骨格に見られ、骨格を構成する細胞が融解・壊死することで、筋肉痛や脱力を生じる病態です。 そのまま放っておくと、起き上がることや歩行が困難になり、腎不全などを合併し、回復に長期間を要すことがあります。

引用元:大森病院 臨床検査部

 

最悪の場合、命に係わるものであったため、少女は救命集中治療室で治療を受ける事に。

 

少女は治療のおかげで回復。

 

そしてビデオチャットを行っていた友人も、同じ理由で病院送りになっていたそうです。

 

FBIの医療責任者によると、褐色の色の尿が出るという事はかなり深刻な事態だったそうです。

 

少女たちは幸運にも恵まれて助かったそうです。

 

普通スクワット1000回で横紋筋融解症になることはまれだそうですが、普段運動をしない人がスクワットのような後負荷の運動を一気に行うと、肉体的限界を突破して横紋筋融解症になってしまうケースがまれにあるとのこと。

 

みなさんも無理な運動は行わないように気を付けてくださいね。

 

ネットのコメント

・ガチやんけ

・運動不足がいきなりスクワット1000回ってやばいやろ
どんだけストイックやねん

・やめない根性がすごい

・加減しろよ

・今日びプロレスラーでも1000回なんてやらんやろ

・限度を知らんのか